Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
SONY製ICチップ 『FeliCa(フェリカ)』
SuicaやPasmoやおサイフケータイなどをそのまま海外で使用できる可能性が出てくるとのこと。上記非接触型のICカード・携帯は、全てソニーのFeliCa(フェリカ)というICチップを搭載しているとのことで、このフェリカが欧米で主流のICチップとの互換性ももつ可能性が出てきた為だ。

続きを読む >>
| 00a | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
Group Restructuring
Group Restructuringとは、グループレベルでの事業再編や企業再編を実施した結果として、連結売り上げ、連結総資産などのグループ規模は大きく減少する一方で、それとは反比例するように株主価値が最大化するような事業再編や企業再編のことである。

欧米においては、多角化型からコア事業集中型への移行と共に、このグループリストラクチャリングが頻繁に実施されている。一方、日本においては、バブル崩壊以降、多角化によってもたらされた負の資産を未だ膨大に抱えている企業が多いにも関わらず、グループリストラクチャリングと呼べる、抜本的な事業再編・企業再編が実施されるケースは少ない。これは、日本的経営が、株主価値の最大化を欧米と比べ経営の目的として重視しない傾向があることに起因する。
| 00a | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コングロマリット Conglomerate
コングロマリット Conglomerate・・・

コングロマリットは、対象とする市場や自社のコア・コンピタンスなどに直接関連性のない事業を抱えた複合企業のことを指します。

『経営用語の基礎知識』より)
| 00a | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コングロマリット・ディスカウント
コングロマリット・ディスカウントとは、「企業全体の価値が、個別の事業部分の価値の総合に比して、低下し、株価が下落する状態」のことである。

複数の事業からなる企業は、リスクに対して強靭だが、成長性の点で株価低落を招き、この状態に陥ることがあり、回避策として、企業分割により活性化を図る。

http://www.carjp.net/keiei/archives/2005/05/post_57.htmlより)
| 00a | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スピンオフ
スピンオフ (spin-off) とは、派生的に生じること、副産物(副産物の)などの意。スピンアウト (spin-out) とも呼ばれる。

■ ある分野で開発された新技術を他の分野に応用すること。軍事技術開発、宇宙開発、科学研究などの採算を度外視した分野からはスピンオフ製品がよく生み出される。

■ 既存の組織・人材の一部が分離し、独立した別組織になること。一般的には、企業から一部の部署や社員が独立して別会社を作ること。ベンチャー企業では、新規創業以外に既存企業からのスピンオフで成立したものも多い。狭義には、元の組織と関係を持った別組織となることをスピンオフ、元の組織とは関係が薄い別組織となることをスピンアウトとして区別することがある。

■ 既存の物語作品の派生物として、本編とは別に新しい作品をつくること。またはその作品。主に漫画や映画などに多く見られる。本編とは別の設定・主人公を設けることが多く、その点で単なる映画化、漫画化などとは区別される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%95より)
| 00a | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
子会社IPO(子会社公開)
子会社IPO(子会社公開)とは、親会社が子会社を株式公開させることである。
子会社IPOの、親会社・子会社のメリット・デメリットは今度まとめる。

Google検索で、参考になりそうなページを発見。
『子会社公開の経済分析』http://www.nli-research.co.jp/doc/syo0109c2.pdf
| 00a | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
持株会社
持株会社とは、「他の株式会社の株式を保有し、支配する事を目的とする会社である。ホールディングカンパニーとも呼ぶ。」のことである。

本業を行う一方で他の会社を支配するものを事業持株会社、他の会社の支配を本業とするものを純粋持株会社と呼ぶが、後述の抜殻方式で持株会社化したときにほんの一部でも事業が残っている(残さざるを得ない)場合は純粋持株会社と呼ばないことがある。一般に持株会社と云う場合、後者を指す。事業持株会社の場合は、持株会社とは呼ばず「親会社」と呼ばれることが多い。

また、持株会社の下で似通った事業を行う子会社を束ねる中間持株会社と呼ばれる形態もある(ソフトバンク株式会社などが採用している)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%81%E6%A0%AA%E4%BC%9A%E7%A4%BEより)
| 00a | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM