Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
パーソナライズ
Webサイトや電子メールなどで、利用者(閲覧者)個々人を特定・識別し、その属性や行動に合わせて提供するサービスやコンテンツを変えること、またはその仕組みや機能。

パーソナライズを実施するには、システム利用者個人の特定が必要でアイデンティティ管理が不可欠となる。興味や関心などのユーザープロファイルを取得するには、公開Webサイトやメールマガジンなどではオプトイン(承諾を得ている)情報に基づいて行われるのが一般的だ。これらを自動的に行うテクノロジとしては、「ビジネスルール」「協調フィルタリング」「内容に基づくフィルタリング」などがある。
IT情報マネジメント用語辞典より)


パーソナライズ実施の為の、ユーザプロファイル取得方法
続きを読む >>
| 00a | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
One to One Marketing
顧客1人1人の好みや価値観、状況の違いを把握・認識し、それぞれのニーズに合わせて異なったアプローチを行おうというマーケティング・コンセプト。考え方やアクションはCRMに大きく重なるといえる。

生活必需品の価格低下と所得水準上昇などにより、生活必需品といわれる商品に関しては安易に入手できる状況の中で、顧客のニーズは、それぞれに異なるユニークなものへと変わってきている。また、情報技術の急速な発展により、個々の属性・特徴を認識する仕組みの構築が可能になったことから発生したマーケティング・コンセプトである。

続きを読む >>
| 00a | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
マーケティング 3つの法則
2:8の法則(パレートの法則)

「所得上位20%の人々の所得累計は、社会全体の80%を占める」という法則。
世の中の現象は、一様に分布せず、常に偏った分布をしていることを示す。これは顧客層と売り上げの関係にも当てはまる場合が多く、一般的には全体の20%の上顧客がお店の売り上げの80%を占めていることが多い。
イタリアの社会学者であるパレートが発見したことからパレートの法則とも呼ばれる。

1:5の法則

「新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかる。」という法則。

5:25の法則

「顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善される」という法則。
DMファクトリーより)
| 00a | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
database marketing
データベースマーケティングとは、顧客の属性や過去の購買傾向をデータベースに記録して区分し、それぞれの顧客に合ったサービスを提供するマーケティング手法。


データベースマーケティングは下記2段階からなる。
・顧客情報を登録したデータベースの構築
・その分析

データベースマーケティングの目的は、新規顧客の発掘よりも、既存顧客の維持・発展に主眼が置かれている。
つまり、データベースマーケティングは顧客を引き止めることに重点をおいたマーケティング手法であり、これを突き詰めたマーケティング手法がOne to Oneマーケティングになる。
e-wordsより)
続きを読む >>
| 00a | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM